サイトトップ > サイトマップまで放置

痛風に効くサプリ!

痛風によいといわれるサプリメントが、注目されています。まず、代表的なサプリメントがDHAと呼ばれるドコサヘキサエン酸です。これは魚の油に含まれる成分で、血液がさらさらになると大ブームになったことがあります。

 

よく似た成分に、EPAと呼ばれるエイコサペンタエン酸もあります。これも魚の油からとれる成分ですが、これらを魚でとってしまうとプリン体が心配です。そのため、サプリメントで摂取するのがおすすめされるのです。

 

ビタミンEは、血液をさらさらにしてくれることから痛風によいといわれています。食品ではアーモンドに多く含まれ、サプリメントで継続的に摂取するのもよいでしょう。また、クエン酸は、痛風の治療薬にも使用される成分です。

 

水に溶かして飲めば、クエン酸水として水代わりにすることができます。酸味が非常に強いので、濃いままで飲むと胃に刺激が強いということがあります。口内炎ができるという問題もあるため、多めの水で薄めて飲むのがよいのです。もしも体調に影響が出るようであれば、飲むのをやめておくとよいでしょう。

 

痛風によいお茶も、最近は話題になっています。ドクダミ茶は、体内の毒素を排出してくれる作用があると評判です。尿酸値がたまってしまうのが痛風の原因ですから、体内の老廃物を出しやすくしてくれるドクダミ茶を飲めば、痛風にもよい効果となります。

 

痛風の方、生活習慣病の方は、積極的に飲んで体内にたまった老廃物を排出しましょう。老廃物が出やすくなることで、痩せやすい体質にもなるでしょう。

リンパマッサージによりセルライトを除去!

 

セルライトを取り除きたいと考えているのであれば、脂肪燃焼できるようなダイエットを心がけるようにしましょう。脂肪を燃焼させることによって、体内の脂肪細胞を除去することができるようになります。また、体質を改善させることも、セルライトを取り除くために必要でしょう。

 

まずセルライトがどうしてできてしまうのかという原因を知り、体質を変化させるようにしてむくみや冷え性を改善させるようにしましょう。そうすれば、自然とセルライトがつきにくい体にしていくことができるようになります。

 

また、セルライトを取り除きたいのであれば、普段からリンパマッサージをしていくことも大切です。リンパマッサージをすることによって、代謝機能が高くなり、脂肪が燃焼されやすくなります。また、リンパマッサージはリンパ液の流れを良好にする作用もあります。リンパ液の流れが良好になれば、老廃物や毒素が体外に出やすくなり、むくみを解消させやすくすることができます。リンパマッサージをするならセルライトのエステがおすすめです!

 

また、リンパの流れが改善されれば、血行も良くなっていきます。ですから、代謝も良くなり、セルライトを取り除きやすくしていくことができるのです。エステサロンなどでリンパマッサージをしてもらうこともできるようになっているのですが、リンパマッサージは自分で実践をしていくこともできます。

 

自宅でリンパマッサージをするのであれば、体が温まりリラックスをする状態になる入浴中に行うようにしましょう。また、お風呂に入っているときに、お湯で温めた後に冷水をかけるということを繰り返すことによって、血行促進をしていきやすくなります。

 

下半身のセルライトを取り除きたいのであれば、ひざの裏にリンパ腺がりますから、ひざの裏から、足の裏にかけて、リンパを押し出すようにしていきましょう。

 

リンパマッサージをしても即効で効果が出るということはありませんが、毎日続けることによって、徐々に体質を変えることができるようになり、セルライトを除去していきやすくなります。

 

手や首のアンチエイジングに脂肪注入

 

加齢にしたがってシワが出てきたり、皮膚や脂肪が薄くなることによって血管が浮き出てくる場合があります。手の老化が目立ってくるのは、特にこうした皮膚や脂肪が薄くなり血管が目立つようになる頃です。こうした老化に対する改善策はつい最近までありませんでしたが、最近になっては自己脂肪を濃縮して定着の良い状態にしたものを注入することで解決できるようになってきました。

 

この際に使われる脂肪は、自分から採取した脂肪を遠心分離などの方法で生きた良質な脂肪だけに精製したコンデンスリッチファットと呼ばれる脂肪で、定着しやすく、副作用や異物反応が無いため安全性が高い方法です。

 

こうした脂肪注入は年齢とともに減少する脂肪を補うことで若返り効果を得るという方法です。脂肪でボリュームが増えるだけではなく、脂肪自体が元気な細胞であるため、ハリやシワの改善だけではなく皮膚のターンオーバーも戻ってきて肌質全体が改善されます。

 

また、首に出るシワなどのについても、こうした脂肪注入法のひとつであるマイクロCRF法が有効だということがわかっています。マイクロCRFとは、前述した良質脂肪(コンデンスリッチファット)をさらに細かくして濃縮した、小さい脂肪で、これは小さいというだけではなく、自ら脂肪や皮膚細胞に分化する細胞を含んでいるため、ターンオーバーを促す作用が大きいです。

 

現在は従来のヒアルロン酸による治療から、手や首の細部アンチエイジングにはアンチエイジングサプリだけでなく自己脂肪が有効というのが美容業界における新常識となりつつあるそうです。

 

二日酔いになる飲酒量は缶ビール5本程度?

 

頭がガンガンしたり、吐き気がしたりと、飲みすぎた翌日辛い症状に見舞われるのが二日酔い。誰もが、前日あんなに飲むんじゃなかったと後悔することでしょう。

 

でも、後悔しても二日酔いは治りません。あらかじめ適度な飲酒量を心得ておいて、お酒を飲むときには適量のお酒を心がけるのが二度と二日酔いにならない対策法です。

 

どのくらい飲酒すると二日酔いになる?
あるマーケティング会社の調査によると、二日酔いになるお酒の量は缶ビールに換算して5本程度からだということがわかったそうです。これは男女ともに同じ量だそうですが、女性のほうが缶ビール1〜2本程度でも二日酔いになる人が多いのは自然なことですね。

 

二日酔いの原因は、体内でアルコール分解が行われるときに発生するアセトアルデヒドという有害物質だといわれます。

 

この物質が血中に入り込んで全身に流れてしまうと、二日酔いが始まります。少しでも早く二日酔いを解消するには、アセトアルデヒドを体外に排出するしかありません。

 

女性は体質や体型の関係で男性よりもお酒に弱い傾向があるため、適量を心得やすいといいます。男性のほうが深酒をして二日酔いになっている人が多いということは、体にも多くの負担をかけていることになりますね。

 

6割の人は二日酔いになっていない
実は、お酒を飲む習慣のある人の6割ほどは、ほとんど二日酔いにならないと答えたそうです。缶ビール5本というとどちらかといえば多いほうの飲酒量ですから、そこまでは飲まないように気をつけている人も多いのでしょう。

 

しかし、男女ともに普段飲むお酒はビールが断トツ人気ということで、夏場などのビールが美味しい季節には飲みすぎに十分注意したほうがよいのです。

 

男性は、お酒を飲む量を最大でも缶ビール4本までと決めてみるとよいのではないでしょうか。