トップページ >痛風の遺伝

痛風の遺伝

糖尿病と同じように、痛風にも遺伝的要素がからんでくる場合があります。親が痛風だからといって子供が必ずしも痛風になるとは限りませんが、全く関係ないとも言い切れません。糖尿病に比べると、痛風は圧倒的に患者の少ない病気です。しかし、親や祖父母に痛風患者がいたとしたら、気をつけたほうがよいでしょう。

 

遺伝には、環境遺伝という問題もあります。痛風になりやすい生活習慣をとっている親のもとで育った子供は、その生活習慣を受け継ぎやすいということです。

 

そのため、自分の生活習慣を振り返ってみて、痛風になりやすい生活習慣や食生活を送っていないかを反省してみてください。

 

タバコについても、痛風にはよくない影響を与えるといわれています。アルコールも、毎日のように飲んでいると尿酸値が高まるといいます。睡眠不足や身体の冷えも、血液をどろどろにして尿酸値を高めてしまいます。生活習慣には、痛風になる要素がとても多いということです。

 

もしも遺伝で痛風になるのではないかと心配な方は、できるだけ健康的な生活を送ることを優先的に心がけたほうがよいでしょう。というのも、痛風が遺伝的な要素によるものなのかどうかは、なってから医者が診察してはじめて診断されることだからです。

 

もしも悪習慣に気付かずに続けていたとしたら、痛風になっても文句はいえません。生活習慣を正すことで痛風を予防したり改善することが可能であるとしたら、すぐにでも生活習慣を変えていきましょう。