トップページ >肝脂肪について

肝脂肪について

30代から40代のミドル世代を中心に近年増えつつある「脂肪肝」。脂肪肝とは簡単にいうと肝臓に脂肪がたまり、肝臓が肥満している状態を指します。

 

食べ過ぎやアルコールの摂り過ぎなどが主な原因として挙げられます。今や成人男性の10%、女性の3%が脂肪肝だと言われており、子供でさえ脂肪肝になってしまっているケースも増えているという、まさに現代病です。

 

脂肪肝は放置し進行すると肝硬変やウイルス性肝炎などを引き起こします。場合によっては生命にも関わってきますので、早期発見と早期治療が必要になってきます。

 

しかし脂肪肝には自覚症状がほとんどありません。進行して初めて症状が現れるのです。とはいえ症状も決して激しいものではなく、疲れやすい、体がだるい、食欲がないといったもので、実際これらの症状だけで、なかなか脂肪肝だと判断するのは困難です。

 

このため定期検診などをしっかり受け、肝臓の状態を自覚していないと、肝硬変や肝炎といった重篤な症状になってしまってから発覚するという事になってしまいます。腎臓にはカリウムが良いといいますが、カリウムの副作用も把握しておくと良いでしょう。

 

こうなってしまっては治療も大変な上、健康的な暮らしに戻ることも困難になってきますので、定期的な検診や検査を行い、脂肪肝が分かった場合にはすぐに治療・改善に取り掛かる必要があります。

 

脂肪肝の治療は、投薬治療もありますが、コレはあくまでも補助的なもので、何よりも食生活の改善や適度の運動などが最も大切な治療法となってきます。また、普段から脂肪肝の予防が必要です。脂や糖分の多い食事を避け、毎日軽い運動を続けるように心がけましょう。

 

また脂肪肝の原因としてアルコールも挙げられるため、毎日お酒を飲む、という人は特に注意が必要です。