トップページ >痛風で合併症

痛風で合併症

痛風の恐ろしいのは、合併症があることです。代表的なものに、生活習慣病や腎臓疾患があります。これらの病気自体が、症状が合わさって発症しやすいことから、痛風の合併症ともなりやすいのです。

 

生活習慣病は、痛風の人に肥満が多いことからも納得できるでしょう。肥満の人に痛風が多いのは事実で、糖尿病・高血圧・高脂血症という3つの生活習慣病に関連していることも多いのです。

 

肥満、糖尿病、高血圧、高脂血症のどれか一つでもあてはまる症状があれば、痛風にかかりやすいといって間違いありません。予防するためには、まず生活習慣病を改善することが必須です。

 

痛風の合併症の中でも恐ろしいのが、腎臓疾患です。腎臓疾患として挙げられるのは、尿路に石がつまってしまう尿路結石、腎臓の機能を低下させる痛風腎、腎臓の機能が極端に悪化してしまう慢性腎不全です。

 

腎不全が悪化してくると、末期ともいえる尿毒症が起こる可能性が出てきます。それ以前に人工透析が必要となることも多く、厄介な病です。人工透析は、血液透析機などを用いて血液を浄化する治療法です。

 

心身ともに負担が大きく、週に3回も治療が必要とされ、1回に4時間も要します。これでは仕事にも行かれませんから、経済的な負担にもなってしまいますね。

 

慢性腎不全、尿毒症などの腎臓治療における人工透析は、糖尿病とも関係があるため、これらの共通性と予防にはしっかりとした対策で取り組むことが必要です。