トップページ >痛風とプリン体

痛風とプリン体

痛風の原因ともなっているプリン体とは、糖尿病の原因として糖質や脂質のとりすぎが指摘されるのと同じようにリスクがある物質です。よく、ビールや卵類を多くとると、プリン体に注意などといいますよね。

 

プリン体とは、遺伝物質であるDNAを構成している物質のひとつです。細胞内に存在するDNAの構成物質であるプリン体は、人体にとって細胞レベルで必要な成分です。そのため、人体内でもプリン体を生成する機能を持っています。ほとんど全ての食品にも、プリン体が含まれているのです。

 

食べ物は動物か植物がほとんどですが、それらは動物細胞か植物細胞で構成されています。細胞の中にはプリン体が含まれていますから、全ての食品にプリン体が含まれていると考えてよいのです。体には必要な反面、痛風の原因物質ともなるプリン体は一概に悪者のようにイメージされています。

 

プリン体と尿酸を同一成分と思い込んでいる人も、いるほどです。プリン体の老廃物が尿酸なので、イコールではないことを理解してください。プリン体である食品をとって便となるのが、尿酸なのです。

 

便がたまると、体によくない作用があるといいますよね。それと同じで、尿酸が体にたまるのもよくありません。痛風を予防するには尿酸がたまらないようにすること、これが大切なのです。そのためには、あまりプリン体をとりすぎるのも控えたほうがよいでしょう。