トップページ >痛風と飲酒

痛風と飲酒

アルコールを飲みすぎると、痛風になるといわれることがあります。特に痛風と関係が深いといわれているのが、ビールです。

 

ビールには、アルコールの中でも最も多いプリン体が含まれています。中でも、成分の濃い地ビールには、さらにプリン体が多いといわれます。成分の薄い発泡酒は、プリン体の量が少ないそうです。

 

とはいっても、発泡酒もビール以外のアルコールに比べれば、プリン体の含有量が多いといいます。痛風が心配される人は、ビール類を控えたほうがよいでしょう。

 

ただし、ビールよりももっと多い食品があります。それは、日本人が大好きな白米です。また、他にもビールよりプリン体が多いとされる食品に鶏レバーがあります。

 

鶏レバーの100g分に相当するプリン体を通常のビールで摂取するとなると、大ビンで7本も飲まなければならないそうです。いかに、鶏レバーに含まれるプリン体が多いかがわかるでしょう。

 

そこで考え始められてきたのが、アルコールに尿酸を増やす働きがあるのではないかということです。プリン体が多いというのではなく、どんなアルコールでも尿酸値を上昇させてしまう作用があるというのです。

 

それを理解した上で、飲みすぎに気を付けて、週に1〜2日の休肝日を作ってみてはいかがでしょうか。飲酒をコントロールすることで、痛風の予防につながるでしょう。