トップページ >痛風の医薬品

痛風の医薬品

痛風治療に使われる薬には、尿酸の産生抑制と尿酸の排泄促進の2種類があります。痛風になってから、薬物療法で使用されるのは以下のような薬です。

 

アロプリノール(ザイロリック)

 

尿酸の産生を抑え、体内で尿酸が作られやすい体質の人に向いています。

 

ベンズブロマロン(ユリノーム)

 

尿酸を尿中に排出させることで、尿酸値を下げることができる薬です。尿酸を排出する機能が低下している人には、ピッタリの薬です。

 

プロベネシド(ベネシッド)

 

尿酸の排泄機能を促進させる薬としては、ベンズブロマロンと似ています。最近はあまり使用されていませんが、存在しています。

 

ロキソプロフェンナトリウム(ロキソニン)

 

近年、消炎・鎮痛剤の市販薬としても発売されることになった薬です。以前は病院で医師によって処方されるのみでしたが、炎症や痛みを軽減してくれるのに効果があるとして市販薬になりました。痛風を含む関節炎に、よく使われています。

 

ウラリット

 

尿の強産制を改善し、弱酸性にしてくれる薬です。尿酸欠席の予防に使われることが多く、痛風の場合は他の薬と併用して使用されます。

 

通販などで購入することが可能な薬もありますが、人によっては効果がなかったり副作用が強く起こったりする場合があります。そのため、病院で処方を受けることをおすすめします。