トップページ >痛風の原因

痛風の原因

痛風の原因となる物質に、尿酸というものがあります。尿酸は、体内で生成される老廃物の一種です。血液中に存在している尿酸は、食べすぎや飲みすぎによって値を高くします。運動不足や過度のストレスからも、尿酸値は高まる可能性があります。

 

生活習慣の悪さが、尿酸値に影響してくるのです。体内の尿酸値が上昇すると、高尿酸血症となります。この状態が長期的に継続されてしまうと、やがては痛風が発症してしまうのです。

 

痛風を発症させないようにするためには、尿酸値を上げないことが大切です。尿酸の材料となってしまうプリン体を控えることは、必須となるでしょう。体内にたまった尿酸を排出しやすくするのも、欠かせません。

 

どちらか一方が欠けてしまっても、痛風を生んでしまう恐れがあります。尿酸を防ぐためにプリン体を含む食事をとらないという選択肢をとっても、無駄です。というのも、プリン体は体内で自動的に大量生成されるため、食事を控えてもプリン体は生成されてしまうのです。

 

暴飲暴食は痛風のもとといわれますが、これを避けるのと同時に体内の尿酸をスムーズに体外に出すことを心がけるべきです。体内環境を改善させることで、痛風を予防することができるでしょう。

 

生活習慣病の一つに、高尿酸血症があります。つまり、尿酸が多くなる痛風は、生活習慣病と深いかかわりを持っているのです。生活習慣を改善して、痛風に悩まされない健康的な生活を送るようにしましょう。